「星守る犬」映画感想文

               楽天市場リンク

             

 

なんとも切ない映画である。
 主人公の名も知れぬおっさん、ハッピーと呼ばれる秋田犬、なんとも切ない。
悲しいのではなく、切ない。悲しい運命ではなく流れとしては当たり前の話で、不幸なだけ。だから切ない。
 どうにかならんかったのか、どうにもできんかったのか...。哀れで切なく話は進み、どうにもならないままおっさんは死んで行く。ハッピィーも犬としての習性である飼い主への無限の服従がやはり切ない。
 おっさんと同年代のご同輩は身につまされてこの気分ご理解頂けると思う。より若年層はただただ悲しいと思うか、不甲斐ないおっさんに腹立たしく思うかも知らん。
 道中の個性的な人々もそれぞれが切ない。おっさんと犬に絡んだそれぞれの切なさがあまりにも大きいので市役所の幸せ薄き兄ちゃんと失意の小娘の未来への希望がかすんでしまった。
 あまりにも切なく哀れで、もう一度観るには勇気の要る映画となってしまった。