映画『その女諜報員 アレックス』美しきアウトロー、超絶アクション・ヒロインが巨悪に牙をむく!!

この映画『その女諜報員 アレックス(Momentum)』は、2015年のアメリカのアクション・クライム映画です。原題の「Momentum」は、「運動量」を表します。ロケは作中の舞台となった南アフリカケープタウンで行われました。

 

目次

 

  f:id:mattyanp2016:20200421061458j:plain



1.概要

アメリカン・スナイパー』など多数のクリント・イーストウッド作品に撮影スタッフとして参加してきたスティーヴン・カンパネッリが、初めてメガホンを取ったアクション映画です。銀行強盗計画に加わった元女諜報員アレックスが、国家権力の陰謀に巻き込まれていきます。

出演は『007/慰めの報酬』のオルガ・キュリレンコ、『ジョン・カーター』のジェームズ・ピュアフォイ、ほかに、老優モーガン・フリーマン
が出ています。


2.ストーリー

元CIAの女諜報員で一匹狼のアレックス(オルガ・キュリレンコ)は、かつての恋人ケヴィン・フラー(コリン・モス)に誘われ、銀行強盗計画に加わりました。計画は順調に進み、無事にダイヤを手に入れたものの、メンバーの不始末でアレックスは顔を晒す結果となってしまいます。

 

   f:id:mattyanp2016:20200421054143j:plain

 

そのメンバーを射殺した彼女は、手際よく証拠品を爆破し、フラーと行動を共にします。その晩、このヤマを依頼した人間とホテルで会うことになっていたフラーでしたが、待ち合わせ場所に襲撃者が乱入しました。

アレックスは間一髪、姿を隠したものの、一流の腕前を持つ襲撃者は拉致したフラーを拷問し、ダイヤと一緒に盗んだUSBメモリの在り処を聞き出そうとしました。

その襲撃者たちは、ワシントン(ジェームズ・ピュアフォイ)と名乗るリーダーを始め、クリントン、ジェファーソンなど歴代大統領の名をコードネームに使用していました。フラーは最後までアレックスの名を口にしないまま死亡し、アレックスは辛くも襲撃者たちの隙をついて逃げ出しました。

襲撃者がフラーの妻ペニー・フラー(リー=アン・サマーズ)と息子を狙っていることを知ったアレックスは、自分のことを嫌うフラーの妻の元へバイクを走らせます。

フラーの妻子に迫る危機。頭脳明晰かつ冷酷なワシントンから逃れるため、アレックスは持てる能力のすべてを発揮して、彼らに立ち向かいました。

 

    f:id:mattyanp2016:20200421054648j:plain

 

アレックスはペニーと息子の危難を救い逃がしますが、彼女はつかまってしまい、USBのありかを問われて拷問をうけました。アメリカの上院議員モーガン・フリーマン)の意向を受けて行動する襲撃者は、殺人も意に介さず、アレックスの過去を調べ上げていました。

服従を装いペニーに連絡をいれますが、かねてからこんな時のためにフラーを通じて打ち合わせしていたことをペニーに伝え実行に移します。

アレックスはペニーと空港で落ち合うべくワシントンに連れられて空港に向かいますが、途中、擦れ違いざまに変装したペニーはコインロッカーのキーを交換します。あっという間の交換に、ワシントンを感心させました。

キーを渡して解放してくれとアレックスは言いますが、ワシントンはロッカーに何が入っているか分からないからと警戒し、アレックスに開けさせようとします。

ワシントンとアレックスの口論を聞きつけて、警官がやってきました。ワシントンは騒動を避けたくて「下の階に不審物が置かれていた」とその警官に言い注意を逸らせました。

やはりロッカーの中身は小型爆発物でした。爆発が起こり、警官隊が空港へ押し寄せます。実はこの騒動を起こすために、アレックスはわざとワシントンに捕まったのでした。

警官隊と戦ったワシントンの部下は殺されていきます。USBは、ワシントンのネクタイピンに隠されていました。それを取り上げたアレックスは、ワシントンにネクタイがダサいという話をし、反射的にワシントンがネクタイに手をやった瞬間に「銃よ」と取り囲んだ警官隊に呼びかけます。

ワシントンは警官隊に一斉射撃されてしまい、爆発現場にジェシカの生首を置いたことで、強盗犯は死んだことにされ、爆弾も強盗による犯行となりました。

ペニーとアレックスは衣装を交換し、ペニーが事情聴取に残ります。ペニーの協力で国外へ逃げたアレックスは、CIA時代の同僚に機内で会い、USBを開いてもらいました。USBの中身は音声ファイルと資料で、「国の運命は私が決める」という上院議員の発言と共に、これから先に起こる陰謀について記されていました。

アレックスがジェシカ(生首の女性)の携帯を使って電話をすると、マッカーサー(先の上院議員とワシントンの会話に出て来た人物)に繋がりました。
マッカーサーはUSBを返さないと死ぬまで上院議員は追い続けると、アレックスを脅すのでした。

 

   f:id:mattyanp2016:20200421061711j:plain


3.オルガ・キュリレンコ(asアレックス)について

1979年11月14日、ウクライナ・ベルジャーンシクに生まれ、13歳でモデルにスカウトされて、モスクワで活動を始めました。

16歳のときにパリに移住し、18歳から雑誌「Glamour」を皮切りに、「Elle」、「Madame Figaro」、「Marie Claire」、「Vogue」などの表紙を飾るトップモデルとなりました。

その後、女優に転身。2005年の『薬指の標本』で映画デビュー、初主演を果たします。以後『パリ、ジュテーム』(2006)、『蛇男』(2006)、『ヒットマン』(2007)と作品を重ね、2008年『007/慰めの報酬』でボンドガールに選ばれたことで、世界的に知られる存在となりました。

女優としての意識も高く、『マックス・ペイン』(2008)に顔を出す傍ら、ウクライナを舞台にしたドラマ『故郷よ』(2011)、テレンス・マリックの『トゥ・ザ・ワンダー』(2012)などでも存在感をみせています。近年はトム・クルーズ競演の『オブリビオン』(2013)や『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)など、作品にも恵まれているようです。

 

f:id:mattyanp2016:20200421055205j:plain


4.ジェームズ・ピュアフォイ(asワシントン)について

1964年6月3日、イギリス、サマセットに生まれ、16歳で学校を退学した後、ヨーロッパ中を放浪しました。18歳の時、大学入学資格を得るため学校に戻り、演劇に触れることになり、セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマに入学しました。

最終学年時にロイヤル・シェイクスピア・カンパニーキャスティング・ディレクターの目に留まり、同劇団に2年間所属します。シェイクスピア作品を数多く体験し、退団後も舞台とテレビで活動しました。さまざまな役柄をこなす性格俳優としての地歩を築いていきました。、

映画作品は1995年の『七月の宴』(劇場未公開)からで、さまざまな脇役を演じた後、『ROCK YOU![ロック・ユー!]』(2001)のエドワード黒太子役や『バイハザード』(2002)などで個性を注目されるようになりました。2010年の『アイアンクラッド』では主役を務め、テレビシリーズ「ザ・フォロイング」のシリアルキラー役で世界的な注目を集めました。

 

f:id:mattyanp2016:20200421054753j:plain


5.スティーヴン・S・カンパネッリ監督について

f:id:mattyanp2016:20200421055419j:plain

カナダ・モントリオールで育ち、同市のマリアノポリス・カレッジで撮影に目覚め、コンコルディア大学でフィルムを学びました。

1986年にカナダで初めてステディカムを購入し、撮影技術をマスターしたことから道が拓けました。憧れだったクリント・イーストウッドの作品に参加し『マディソン郡の橋』(1995)以降のすべてのイーストウッド作品のステディカム・オペレーターとカメラ・オペレーターを担当しました。

撮影ショットの決め方、俳優からの望む演技の引き出し方、アングルの変更、追加テイクの撮影などといった現場での決断に関して、カンパネッリの意見が重用されることが多かったようです。

現場の効率的な進め方、俳優に最高の演技をさせる方法、演技や俳優業に関する知識などをイーストウッドから学び、その他にミミ・レダー、キャメロン・クロウトニー・スコットなどの撮影を経験した成果が、映画監督デビューとなる本作に活きています。カンパネリは2016年のイーストウッド作品『ハドソン川の奇跡(SULLY)』にもカメラ・オペレーターとして参加していました。

 

  f:id:mattyanp2016:20200421055824j:plain



6.まとめ

冒頭の銀行強盗らの襲撃シーンは『ダークナイト』を思わせ、B級映画の乗りを予想させますが、モーガン・フリーマンが重しになりました。

アレックスを演じたオルガ・キュルレンコは『スパイ・レジェンド』のヒロインの延長上にありますが、本作ではタフな魅力をヴァージョンアップさせていました。

 

 ☟ 楽天市場リンク