映画『バッドボーイズ2バッド』さらにパワーアップした続編です!!

この映画『バッドボーイズ2バッドBad Boys II)』は、『バッドボーイズ』(1995年)の続編で、2003年に公開されたアメリカ映画です。
8年ぶりの続編で、実生活でも20代末から30代後半へと、うまく年を重ねたマーティン・ローレンスとウィル・スミスの魅力を活かし、違和感なく楽しませてくれています。監督は、前作と同じマイケル・ベイが担当しました。

目次

 

f:id:mattyanp2016:20200529092713j:plain


1.ストーリー

アメリカのフロリダ州のマイアミでは麻薬シンジケートによる麻薬の密輸が後を絶ちませんでした。マイアミ市警の2人の刑事、マーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)とマイク・ラーリー(ウィル・スミス)は麻薬密輸ルート破壊のために麻薬の取引きが行われていると思われるKKKの集会に乗り込みましたが、手掛かりは得られませんでした。

 

次に2人は麻薬王が現れるとの通報を受けて出動するがそこでマーカスの妹、シド(ガブリエル・ユニオン)と鉢合わせしました。彼女は連邦麻薬取締局(DEA)の捜査官でマーカスやマイクと同じく麻薬王ジョニー・タピア(ジョルディ・モリャ)の接近のためのおとり捜査を行っていたのでした。

 

f:id:mattyanp2016:20200529093641j:plain

 

さらにシンジケートから入手した金を横取りしようとハイチ人ギャング団が襲い掛かり、壮絶なカーチェイスの末、彼らを蹴散らすが多大な犠牲を払う羽目になってしまいます。

しかしながら、2人は麻薬王タピアの正体を掴み、上司から強制捜査の許可を得て犯人検挙に出るがタピアに接触していたシドの素性がバレてしまい、彼女は彼にキューバへと拉致されてしまいました。

2人は国際問題になることを覚悟し、元デルタ隊員やCIAなどの助けを得て彼のアジトがあるキューバへ行くことを決心します。

キューバのタピアの屋敷は軍隊が配備されていました。潜入して銃撃戦が始まり、シドを救うことに成功しまが、軍隊が次々とやってきて手に負えなくなり、マーカスとマイク、シドは作戦を変更して車で逃げ、タピア達が追撃してきますが、アメリカ軍基地に辛くも逃げ込みました。

 

  f:id:mattyanp2016:20200529093334j:plain

 

 


2.みどころ

1)円熟味

勢いだけで突っ走っていた前作から、ともに大人になりきれない悩めるベテランに成長。私生活を巧みに物語にからめた2人のやりとりは、ボケとツッコミの役割を自在に交替し、キレ方も年相応で気持ちよく笑わせてくれます。
精神科やカウンセリング、人種問題や死体など、すべて笑い飛ばし、けなしてゆきます。タブーなき毒舌ジョークの数々は、物議をかもさずにはいられないほど刺激的です。「人種差別的」「死体に対する畏怖の念が欠落」との声も出るのは間違いないでしょう。


2)カーチェイス

アクションは、少々走り過ぎ感もしないでもない、弾けたアイデアの2度のカーチェイスが見モノです。
まずは、車両運搬車に乗り込んだ敵が、積まれた名車を次々と路面に放つハイウェイでのカーチェイス。CGに頼らない重量感あふれる本物のアクションと、敵味方入り乱れての大混乱に圧倒されます。
つづいて、ブラックユーモアがきつい、霊柩車から死体がばらまかれる市街地でのカーチェイスが強烈です。

 

f:id:mattyanp2016:20200529094252j:plain



3)大作の値打ち

ブラッカイマーが、本腰を入れて製作した本作です。世の中にはこの手の「お気楽ハリウッド超大作」を毛嫌いする人も確かにいるのですが、何といっても、これだけ派手なドンパチとカーチェイスは、めったに見られるものではありません。製作費は100億円だそうですが、逆にいえばこれだけの映画を、わずか100億円で作れる人間など、世界中探してもほとんどいないのではないでしょうか。

 

 

3.エピソード

プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーと、マイケル・ベイ監督は、ハイウェイを走行中の車両運搬車から車を投げ落とし、主人公のフェラーリがそれをかわしながら全速力で追いかけるという、とんでもないシーンをどうすれば撮影できるか検討し、「高速で衝突するシーンは、高速で衝突して撮影すればいい」という、単純かつ危険極まりない結論に達しました。

 

  f:id:mattyanp2016:20200529094616j:plain

 

この前代未聞のカーチェイスを撮影するために、マイアミ市とマイアミビーチ市を結ぶ基幹道路を4日間完全封鎖して撮影しました。この撮影で市に支払われた費用は、壊した車の費用は含まずに、約6000万円以上もかかったそうです。

とにかく壊すわ壊すわ、軽く200台以上の車をクラッシュさせ、しかもムスタングトランザムなどの貴重なクラシック・カーから最新型の高級車まで、1台数千万円以上もする車が片っ端からスクラップ同然になってゆくのだから正気の沙汰ではありません。カーマニアにとっては悶絶ものに違いないでしょう。

 

f:id:mattyanp2016:20200529095118j:plain


4.まとめ

本作のプロデューサーであるジェリー・ブラッカイマーは、手がけた作品『アルマゲドン』『パイレーツ・オブ・カリビアン』『ナショナル・トレジャー』など、すべての興行成績の合計は、なんと1兆円を超えています。つまり彼は、大ヒットする映画、大衆を楽しませる映画、のツボを知り尽くしているというわけです。