映画『ザ・シークレット・サービス』老いてなお達者なイーストウッドが見せてくれます!!



この映画『ザ・シークレット・サービス(In the Line of Fire)』は、1993年製作のアメリカのサスペンス・アクション・スリラー映画です。

監督ウォルフガング・ペーターゼンのシャープな演出も冴え、イーストウッドの盟友エンニオ・モリコーネの音楽もドラマを盛り上げています。

北米興行収入は約1億ドルを突破し、全世界では約1億8700万ドルに迫る、イーストウッド作品の中では、興行的に成功した作品でもあります。

第66回アカデミー賞では、助演男優賞(ジョン・マルコビッチ)、脚本、編集賞にノミネートされました。

目次

 

f:id:mattyanp2016:20200928081847j:plain


1.ストーリー

1)プロローグ

フランク・ホリガン(クリント・イーストウッド)は長年シークレットサービスを務めるベテラン警護官であり、ダラスでのケネディ大統領暗殺事件の際にも現場に配属されていましたが、大統領を守ることが出来ず後悔に苛まれ酒に溺れるようになり、妻子も彼の元を去ってしまっていました。

アメリカでは大統領の再選キャンペーンが始まっており、フランクは相棒のアル(ディラン・マクダーモット)と共に大統領暗殺を計画する男のアパートを捜査しましたが、そこには男はおらず、フランクの顔にマークが書かれているケネディ暗殺事件の記事が壁に貼られていました。


2)大統領警護チームへ

フランクは、この男が本気で大統領を暗殺しようとしていると感じ、アルに調査を進めるように指示しますが、彼の元に「ブース」(ジョン・マルコヴィッチ)と名乗る男から大統領を暗殺するとの脅迫電話が届きます。

 

f:id:mattyanp2016:20200928081422j:plain


フランクは長年の理解者デヴィッドに大統領の警護チームに自分を編入するように口添えを頼み込みました。警護チームの責任者ワッツ(ゲイリー・コール)は引退間近の高齢であり、かつ毛嫌いしているフランクがチームに加わることに反対しましたが、渋々フランクの編入を認めました。


3)誤認の緊急事態

フランクは高齢でありながら精力的に警護に努めますが、そこにブースから電話がかかり、彼はフランクを挑発します。逆探知で発信元を突き止めた警護官たちがラファイエット・パークに急行し、フランクとアルはブースを追跡します。

 

f:id:mattyanp2016:20200928081210j:plain


二人はブースに逃げられてしまいますが、彼の指紋を採取してFBIに照合を依頼しました。しかし、FBIはブースの情報が極秘事項に指定されているため二人には情報を伝えず、CIAに情報を伝えました。
フランクは風邪で体調を崩しながらも大統領の警護を続けますが、パーティーの警護中にブースが割った風船の音を銃声と誤認して緊急事態を指示してしまいました。「暗殺に怯える大統領」の姿がテレビ中継されたことで、ワッツと大統領首席補佐官のサージェント(フレット・ダルトン・トンプソン)は激怒し、フランクは警護チームから外されてしいました。


4)相棒の死

警護チームを外されたフランクは、アルと共にブースの自宅を捜査しますが、そこでCIAエージェントと鉢合わせします。二人は彼らからブースの正体が、元CIAの暗殺工作員ミッチだと聞かされるのでした。
ミッチは特殊訓練で暗殺者に鍛えられましたが、予算削減で解雇されたことでアメリカへの復讐を計画していました。ミッチは再び電話でフランクを挑発し、フランクたちは彼のいるホテルに向かいます。フランクは逃走するミッチを追跡しますが、建物の屋上から転落しそうになりました。
ミッチは「ゲーム」を続けるためにフランクを助け出しますが、彼を逮捕しようとしたアルは射殺されてしまいました。

 

f:id:mattyanp2016:20200928081100j:plain

 

5)大統領の盾

フランクは再び大統領の警護チームに復帰し、恋仲になっていたリリー(レネ・ルッソ)と共にパーティー会場のホテルを警備しますが、従業員をミッチだと疑い拘束する姿がテレビ中継されてしまいます。
大統領の指示で警護チームを外されたフランクは、ミッチに殺された銀行員の情報から、ミッチが大統領への高額献金者としてパーティー会場に侵入していることを突き止め、ホテルに急行します。ミッチはジップ・ガンで大統領を狙いましたが、駆け付けたフランクが盾となり暗殺は失敗しました。

 

f:id:mattyanp2016:20200928080656j:plain



ミッチはフランクを人質にしてエレベーターに乗り込み、フランクを殺そうとします。フランクはイヤホンでリリーにミッチを射殺するように指示を出し、彼女は狙撃チームに射撃を命令しました。ミッチはフランクと揉み合いになりエレベーターから転落しそうになり、フランクは彼を助けようとする。しかし、ミッチは助けられることを拒否し、そのまま転落死しました。


6)エピローグ

フランクは大統領を救ったことで一躍英雄になりますが、「有名になったために警護も潜入捜査も出来なくなった」という理由で警護官を引退します。フランクはリリーを連れて自宅に戻りますが、留守電にはミッチからのメッセージが記録されていました。ミッチは死ぬことを覚悟してフランクに別れのメッセージを残していましたが、フランクは最後まで聞かずに自宅を出ました。フランクはリリーと共にリンカーン記念堂を訪れ、彼女に想いを告げるのでした。

 

f:id:mattyanp2016:20200928080853j:plain



2.シークレットサービスとは

f:id:mattyanp2016:20200928081705j:plain

1)沿革

アメリカ合衆国シークレットサービス( United States Secret Service, USSS)は、主にアメリカ合衆国大統領の警護を行う執行機関です。

元々は南北戦争時に、偽造通貨の横行に対しての防諜・捜査機関として創設されました、アメリカ合衆国として最初の国内諜報機関で、後の財務省の麾下となりました。

その後連邦捜査局(FBI)・アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局(ATF)・入国税関管理局(ICE)・内国歳入庁(IRS)等へ警察機構の任務は移行されていきましたが、財務省傘下に、貨幣の取締とともに伝統的に大統領警護の業務も置かれていました。

2001年のアメリカ同時多発テロ事件の影響で、国土安全保障省(DHS)が設置され、シークレットサービス財務省から同省へと移管されました。


2)組織

シークレットサービスは、警護を担当するエージェント3,200人、制服部隊(Uniformed Division)1,300人、技術・管理部門2,000人からなる6000人以上の職員を抱えています。


3)任務

シークレットサービスの警護・警備任務として以下のものが広く知られています。

アメリカ合衆国正副大統領とその一家
・大統領選挙投票日まで120日を切って以降は、正副大統領候補とその配偶者、選挙結果確定以降就任までの次期正副大統領
・元大統領の一家(当人と離婚していない配偶者(当人が辞退した場合を除き、生涯警護対象となる)及び夫妻の16歳以下の子)
・訪米中の各国元首と、同行するその配偶者
・その他の高位にある外国人訪米者
・外国で特別任務を行う合衆国の公式代表者
・その他の大統領令で定められた個人
国土安全保障省長官が定めた国家特別警備行事(NSSE)


4)勤務

シークレットサービスの大統領護衛部門の仕事はシフト制であり、2週間単位で昼勤、深夜勤、夜勤が入れ替わります。
これが終わると2週間のトレーニング期間に入り、トレーニング期間が終了すればまた仕事に戻る形となっています。
警護中は食事を摂ることも、雨の中で傘をさすことも出来ないなど肉体的に過酷であり、だいたいは4、5年で限界が来るとされています。

 

f:id:mattyanp2016:20200928082337j:plain



3.まとめ

細身ながらタフさが売り物のイーストウッドが、衰えをこれでもかというほど見せるのは、シークレット・サービスの任務の過酷さをより強調させています。

1930年生まれのイーストウッドと、世代的に合致し、ケネディ大統領暗殺事件を絡めてあるところがなかなか興味深く、彼の苦悩や言葉に実感がこもっています。

主人公と暗殺者の駆引きや、主人公を取り巻く人間模様に、単なるサスペンスアクションにとどまらず、登場人物を掘り下げたストーリーになっていて見応えがありました。特に、ジョン・マルコビッチイーストウッドを食わんばかりの名演でした。