映画『ショーシャンクの空に』至高のドラマと名演が織りなした不朽の名作です!!



この映画『ショーシャンクの空に(The Shawshank Redemption)』は、1994年公開のアメリカ映画。スティーブン・キングの中編小説『刑務所のリタ・ヘイワース(Rita Hayworth and Shawshank Redemption)』を原作とし、監督・脚本はフランク・ダラボンが務め、彼の初監督作品でもあります。
主演は、ティム・ロビンスモーガン・フリーマンが共演しています。
原題の「The Shawshank Redemption」は直訳すると「ショーシャンクの贖い」になり、刑務所内の人間関係を通して、冤罪によって投獄された有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマです。

目次

 

f:id:mattyanp2016:20201103081529j:plain


1.評価

本作は興行的には成功したとはいえませんが、批評家達からの評価は高く、AFIのアメリカ映画ベスト100(10周年エディション)において72位にランクインしており、日本では1995年のキネマ旬報ベストワン(洋画)に選ばれているなど人気を誇りました。また受賞には至りませんでしたが、第67回アカデミー賞で7部門にノミネートされました。


2.ストーリー

1)プロローグ

1947年、若くして銀行副頭取を務める優秀な銀行員アンドリュー・"アンディ"・デュフレーン(ティム・ロビンス)は、妻とその愛人を射殺した罪に問われました。無実を訴えたものの終身刑の判決が下り、劣悪なショーシャンク刑務所への服役が決まりました。

 

       f:id:mattyanp2016:20201103075920j:plain

 

ショーシャンクでは、長年服役する「調達屋」ことエリス・ボイド・"レッド"・レディング(モーガン・フリーマン)が、もう何度目かとなる仮釈放の審査を受け、更生したことを訴えるがやはり却下されていました。レッドが落胆し部屋を出ると、アンディを含む新しい受刑者達が護送されて来ます。アンディら新入り達はサミュエル・ノートン刑務所長(ボブ・ガントン)とバイロン・ハドリー主任刑務官 (クランシー・ブラウン)から脅しを含めたショーシャンク刑務所の紹介をされ、その晩に取り乱した一人の新人受刑者がハドリーから過剰暴力を受けて死んでしまいました。

 

f:id:mattyanp2016:20201103075523j:plain

 

孤立していたアンディはやがてレッドに声をかけ、鉱物採集の趣味のため小さなロックハンマーを注文します。それをきっかけにアンディはレッドと交友を重ね始めました。他方、アンディは荒くれ者のボッグズ・ダイアモンド(マーク・ロルストン)とその一味に性的行為を強要され、抵抗のため常に生傷が絶えない生活が続いていました。


2)本領発揮

1949年、アンディは屋根の修理作業中、ハドリーの遺産相続問題を知り、財務経理の知力を駆使し作業仲間達へのビールと引き換えに解決策を提案しました。ビールを手に入れ仲間達から尊敬される一方で、ハドリーら刑務官からも一目置かれるようになってきました。

 

f:id:mattyanp2016:20201103074900j:plain


その後ボッグズらがアンディを襲って全治1ヶ月の重傷を負わせっましたが、ボッグズがハドリーに半殺しにされて以後、アンディを襲う者はいなくなりました。アンディが治療を終え自分の房に戻ってくると、レッドに注文していたリタ・ヘイワースの大判ポスターが退院祝いとして置かれていたのです。
やがて、アンディは図書係に配置換えとなり、もう50年も服役している老囚人ブルックス・ヘイトレン(ジェームズ・ホイットモア)の助手となりました。しかしながら、その本当の目的はノートン所長や刑務官達の税務処理や資産運用をアンディに行わせるためだったのです。
アンディは有能な銀行家としての手腕を発揮する一方で、名ばかりだった図書係としても精力的に活動を始め、州議会に図書館予算の請求を毎週送るようになりました。


3)収容病

1954年、ブルックスに仮釈放の許可が下りましたが、50年服役した老人は塀の外の生活への恐れから取り乱します。アンディらに説得され、仮釈放を受け入れますが、結局、外の生活に馴染むことはできず、最期は首を吊って死んでしまいました。

 

f:id:mattyanp2016:20201103074350j:plain


死の間際に送られた感謝の手紙を読んで、アンディとレッドは苛まれのでした。
一方、手紙に根負けした州議会はわずかばかりの寄付金と古書をショーシャンク刑務所に送ってくきました。アンディは送られてきた荷物の中に『フィガロの結婚』のレコードを見つけ、それを勝手に所内放送で流したことで懲罰房送りとなりました。
その後、仲間達からレコードを流した理由を尋ねられ、アンディは「音楽と希望は誰にも奪えないものだ」と説明しますが、レッドは「そんなもの(希望)は塀の中じゃ不必要だ」と反論するのでした。

1963年、アンディが州議会にさらに手紙を送り続けた結果、年度毎の予算まで獲得し、倉庫同然だった図書館は囚人達の娯楽と教養を得る場となっていました。
その頃所長は、囚人達の社会更生を図るという名目で、彼らを労働力として野外作業をさせ始め、そのピンハネや土建業者達からの賄賂を受け取り始めました。そしてアンディは「ランドール・スティーブンス」という架空の人物を作り出し、その多額の不正蓄財を見事に隠蔽していました。


4)希望の消滅

1965年、新たに入所したコソ泥のトミー・ウィリアムズ(ギル・ベローズ)は、すぐにレッドの仲間達と打ち解け、アンディも彼を気に入りました。更生を望むトミーにアンディは文字の読み書きから勉強を教え始め、やがて高校卒業資格を申請するにまで至りました。

 

f:id:mattyanp2016:20201103073927j:plain

 

トミーはアンディの過去を知ると、その真犯人に心当たりがあることを話しました。アンディは所長に再審請求したいと頼み込むが、優秀な経理担当者であると同時に不正蓄財を知っている彼を自由にさせる気のない所長は、アンディを懲罰房に入れ考えを改めるよう迫ります。1ヶ月経っても折れないアンディに業を煮やした所長とハドリーは、冤罪証明の鍵を握るトミーを呼び出して射殺、後日アンディには「脱走したため撃った」と嘘を言うのでした。

トミーの死から1ヶ月後、アンディは再び不正経理を行うことを条件に懲罰房から出されました。しかし、アンディの様子はどこかおかしく、レッドに要領を得ない伝言を残します。レッドら仲間達はアンディが自殺を考えていると疑い、嵐の晩に心配が募りました。


5)ショーシャンクの清算

翌朝の点呼の際、アンディが房から消えていることが発覚します。所長やハドリーもアンディの房に向かい、リタ・ヘイワースからマリリン・モンローへ、そしてラクエル・ウェルチへと代替わりしていたポスターの裏の壁に大穴が開いていることを見つけ出しました。

 

f:id:mattyanp2016:20201103074123j:plain



アンディは約20年間小さなロックハンマーで壁を掘り続け、ついに1966年、脱獄したのでした。アンディはスティーブンスに成りすまして所長の不正蓄財を引き出すと同時に告発状を新聞社へ送り、難なくメキシコへ逃亡しました。そしてアンディの告発状によってハドリーは逮捕され、ドアを叩く警察の前に、所長は拳銃自殺するのでした。


6)エピローグ

間もなくレッドは服役40年目にしてようやく仮釈放されるが、ブルックスと同様に外の生活に順応できない。ブルックスと同じ悲劇への道を辿りかけるが、レッドはアンディの伝言を信じてメキシコのジワタネホへ向かいます。そして、太平洋の青い海の海岸線で悠々自適の生活を送るアンディと再会し、喜びの抱擁を交わしたのでした。

 

f:id:mattyanp2016:20201103073738j:plain



3.よもやま話

1)スティーヴン・キング

スティーヴン・キングは、長編デビュー作『キャリー』(1974年)以来、映画に魅力的な素材を提供し続けて来た作家です。『キャリー』(1976年に映画化)を筆頭に、『シャイニング』(1980年)、『ミザリー』(1990年)、『IT』(1990年)、そのリメイク版『IT╱イット“それ”が見えたら、終わり。』(2017年)と続く作品群により、モダンホラーの旗手と呼ばれ、敬愛されてきたキングですが、一方で、『スタンド・バイ・ミー』(1986年)や『グリーンマイル』(1999年)といった非ホラー作品にも根強いファンは多い。同じジャンルに属するのが本作です。


2)制作

当初は、ロブ・ライナーが監督し、主人公のアンディに、トム・クルーズ、他にトム・ハンクスケヴィン・コスナーニコラス・ケイジ等が候補に、囚人仲間のレッドをハリソン・フォード、他にクリント・イーストウッドポール・ニューマン、ロバートレッドフォード等が候補の案もありました。
また、トミー・ウィリアムズの役はブラッド・ピットに白羽の矢が立ちましたが、同年の作品『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の主役を演じるほうを選び、ギル・ベローズが演じることになりました。

結局、監督は、脚本のダラボン自身がすることに落ち着き、彼にとって本作が記念すべき長編デビュー作となりました。


3)モーガン・フリーマン

f:id:mattyanp2016:20201103080405p:plain


アンディの日々の行動は、モーガン・フリーマン演じるレッドのモノローグによって綴られていきます。
思わず目を覆いたくなるような残酷な場面に凍り付き、度々怒りに打ち震える観客の感情を、終始、諭すようになだめるのが、モーガン・フリーマンの物静かなナレーションです。並みいるメジャースターを提示されたダラボンが、終始一貫してレッド役にフリーマンを熱望した理由は、その威厳、抑制された態度と物腰、そして、深い声でした。


4)最後の晩餐

劇中、アンディと数人の受刑者たちが、刑務所の屋根にタールを塗る作業の途中でビールを調達して、一時の天国を味わうシーンに漂う至福感が圧巻だ。批評家たちの間では、アンディをキリスト、または救世主ととらえ、ビールのシーンを刑務所の“最後の晩餐“と位置付ける意見もありました。

 

f:id:mattyanp2016:20201103080839j:plain


5)キリスト教神秘主義

アンディが放送室を占拠して、所内に大音量で“フィガロの結婚“を流す場面然り。どんな罪人も救済されるべきであるという、作品全体に漂うキリスト教神秘主義は、原作には描かれていない映画オリジナルのラストシーンで、最も劇的に表現されました。


6)興行収入

ショーシャンクの空に』は興行面では冷遇された作品で、ダラボンの精密な脚本と演出、ロビンス、フリーマンの演技、そして、ドラマチックな展開が批評家たちからは受けいれられましたが、興収1,600万ドルで一旦は公開は終了します。映画が公開された1994年の劇場は『フォレスト・ガンプ╱一期一会』や『パルプ・フィクション』『スピード』に話題が集中していたことに影響されたのでしょう。
その後、アカデミー賞ほか多くの映画賞を賑わせ、アメリカ国外で好評だったことから、作品は再公開され、最終的に約2,830万ドルの興収を挙げることになりました。さらに、32万本以上のVHSが全米に出荷され、1995年のトップ・レンタルに。テッド・ターナーによって設立されたターナー放送システムのTNTネットワークでは、1997年以降、定期的に放映されていて、2017年時点でも尚、その放送サイクルは続いています。


7)レッド

「なぜレッドという名前なんだ?」とアンディに聞かれ、「(赤毛が多い)アイリッシュだから」と答えるレッド。原作では意味を成していたひと言も、アイルランド出身のイメージとは程遠いフリーマンがレッドを演じたことによってジョークに変わってしまいました。


8)カメオ出演

仮釈放審査において、レッドの書類に貼られていた青年時の写真は本人でなく、モーガン・フリーマンの実子アルフォンソの写真でした。またアルフォンソは映画冒頭で、護送されて来たアンディら新入りたちをからかう囚人役の一人としても出演しています。


9)237

アンディが逃亡するシーンでキングのトレードナンバーが登場していました。
このシーンで警備が「237を開けろ!」とレッドの房室に近づき叫びます。実はこの237がキーナンバーで、キング原作の『シャイニング』でのあの印象的な部屋の番号や『スタンド・バイ・ミー』で少年たちがかき集めた資金($2.37)だったりと様々な場面で使われています。

 

f:id:mattyanp2016:20201103075047j:plain

 

4.まとめ

絶望の中に頑なに諦めず希望を失わない主人公を優しく見守る枯れた老人、舞台は刑務所。冤罪、暴行、虐待、友情、創造、絶望、希望、忍耐、報復、完遂、他、あらゆるドラマが内蔵されています。
これを最高のスタッフとキャストで見せられたら胸に響かざるを得ません。更に後を引くことになり何度も観返すことになりました。