映画『史上最大の作戦』まさしく映画史にのこる大作戦争映画に間違いありません!!

この映画『史上最大の作戦(The Longest Day)』は、1962年のアメリカのモノクロ映画で、20世紀フォックスが制作・配給しました。

第二次世界大戦における連合国軍のノルマンディー上陸作戦の詳細を描いたコーネリアス・ライアンによるノンフィクション「The Longest Day」を原作に制作された戦争映画です。

目次

 

f:id:mattyanp2016:20210604152430j:plain



1.紹介

20世紀FOXの大プロデューサーダリル・F・ザナックが心血を注いで製作した作品です。米英仏独から豪華キャストを迎え、制作費1,200万ドル(当時のレートで43億円)の巨費を投じました。

原題を直訳すれば『一番長い日』となりますが、当時20世紀FOX日本支社の広報を務めていた水野晴郎が『史上最大の作戦』と改題しました。

音楽はモーリス・ジャールが担当し、主題歌は、この映画に出演もしている歌手ポール・アンカが撮影中に作詞・作曲しました。さらに、ミッチ・ミラーが行進曲風に編曲して自身の楽団・合唱団が演奏しています。

アカデミー賞では5部門でノミネートされ、そのうち撮影賞、特殊効果賞を受賞しました。

 

f:id:mattyanp2016:20210604154118p:plain

フランス・コタンタン半島のノルマンディー海岸


2.ストーリー

1)プロローグ

1944年6月、第2次大戦末期のヨーロッパにおいてナチスドイツはロシア東部戦線が膠着状態の中で、米英仏の連合軍がフランス北部に上陸するとの予測が強まり、大西洋沿岸に地雷や障害物などを埋めて上陸作戦に備えていました。

北アフリカから戻ってきた独陸軍B軍集団団長ロンメル元帥(ヴェルナー・ヒンツ)は、イギリスに面した海岸線で地雷の敷設が400万個と聞いて、600万個に増やすよう檄を飛ばしていました。

その時ロンメルは「あの水平線の向うに大軍がいる。今か今かと出撃を待っている。しかし一兵たりとも上陸はさせない。あの水際で撃滅させるのだ。上陸する最初の24時間が極めて重要で、その時は連合軍にとっても我々にとっても一番長い日となるだろう。」と語りました。


2)作戦前のドイツ軍

独軍情報部のマイヤー大佐は、占領下のフランスにイギリスのBBC放送が送っている各メッセージの分析を行いながら、ヴェルレーヌの詩『秋の歌』が放送されたことに注目していました。

前半の一節「秋の日の ヴィオロンの ためいきの」が数日間にわたって放送されて、次の後半の一節が放送された時は24時間以内に連合軍の上陸が始まる事を、レジスタンスから鹵獲した資料で知っていました。

そして独西部軍参謀総長ブルーメントリット大将(クルト・ユルゲンス)から西部軍最高司令官ルントシュテット元帥(パウル・ハルトマン)に警戒情報を出すように要請しましたが、元帥はラジオから流されるヴェルレーヌの詩だけでは警戒情報は出せないと却下しました。

ロンメルは6月に入ってから悪天候が続きで連合軍の上陸はないと判断してベルリン行きを決めた。その時に自宅の妻に贈る誕生日のプレゼントを持って行きました。

 

f:id:mattyanp2016:20210604140033j:plain



3)作戦前の連合軍キャンプ

6月5日、イギリスに設けられた連合軍キャンプでは、結集した将兵が今か今かと上陸作戦の決行を待っていました。

米軍第82空挺師団バンダーボルト中佐(ジョン・ウェイン)はずっと待つだけで出撃したがっている部下に対してイギリスはもう5年間も待っているのだと諭し、後続部隊を含めて総計300万人が参加するオーヴァーロード作戦に思いを新たにしていました。

ただ彼は上陸作戦でサント=メール=エグリーズの郊外に降下する時にタイミングを誤ると沼地か市内中心部に降りる危険性を第82空挺師団副師団長ギャビン准将(ロバート・ライアン)に伝えていました。

米陸軍第29歩兵師団ノーマン・コータ准将(ロバート・ミッチャム)は2回も延期されて3日間も缶詰状態で待たされて延期はもう無しにしてくれと嘆きます。

そこへ副官のニュートン大佐(エディ・アルバート)がアイゼンハワー連合軍最高司令官(ヘンリー・グレイス)が今夜9時半に会議の招集をかけて決行か延期かの判断が出るとの情報を持ってきました。

今夜の会議で決まると聞いて兵たちは賭け事をしたりして高ぶる気持ちを鎮めています。第82空挺師団シュルツ一等兵(リチャード・ベイマー)はその賭け事で大儲けしたが、以前に大儲けした後に良くないことが起きたことを思い出して、再度賭けに参加して負けるようにしました。


4)アイクの決断

外の雨を心配そうに窓から見ながら英空軍気象部スタッグ大佐は各気象情報から天候が回復すると判断して上層部に伝えました。

独軍第84軍団長マルクス大将(リヒャルト・ミュンヒ)は軍内部の議論の場で、上陸地点を英仏間が近いカレー付近と予想する向きが多いことに異論を述べて、一番距離が遠いノルマンディーの可能性が高く、そしてこういう荒天の時を狙うと予測していましたが、アイゼンハワーには出来ないだろうと語りました。

しかしながら、連合軍最高会議でアイゼンハワーは最終判断として不安ながらわずかな好天の機会を逃さず決行することを告げました。

ただちに待機していた部隊に次々と命令が伝達され、空挺部隊は降下の準備を初め、船上の部隊も上陸のための準備に取り掛かりました。

BBC放送が『秋の歌』の後半の一節「身にしみて ひたぶるに うら悲し」を流すとフランス国内のレジスタンスが動き始めました。

独軍情報部のマイヤー大佐はこの詩の一節を聞いて直ちに将軍たちの場に連絡しましたが、第15軍司令官フォン・ザルムート将軍(アーネスト・シュローダー)は警戒情報を出せと言うだけでトランプのゲームを続けていました。


5)作戦開始

その夜の内に上陸を目指す各艦隊が出港し、米軍駆逐艦艦長ビーア中佐(ロッド・スタイガー)はレーダーに映る膨大な艦艇の数に史上最大の艦隊だと呟きました。

6月6日午前0時11分、ノルマンディー上陸作戦は、英軍第6空挺師団ハワード少佐(リチャード・トッド)率いる部隊によるグライダー降下で始まりました。
オルヌ川にかかる橋を確保するため、橋を夜襲で無傷で確保して、昼に海岸からやって来る本隊が合流するまで死守する任務でした。

一方、レジスタンスのメンバーはフランス国内の通信網の破壊活動に入ります。

独第7軍参謀総長のペムゼル少将(ヴォルフガング・プライス)は、各将軍たちが後方のレンヌで開かれる机上演習に参加することが気になって足止めをさせました。彼は連合軍の上陸がいつも早朝であることを気にしていたのです。

午前1時07分、カーン付近に英軍第6空挺師団がパラシュートで降下を開始します。その中には自由フランス軍の部隊もおり、レジスタンスと協力して走って来た軍用列車を爆破しました。

独軍マルクス大将のもとへ落下傘部隊の降下と同時に、兵士人形を吊り下げたパラシュートが降りてきたことが伝えられて、マルクスは他作戦をともなう陽動ではないかと疑います。

さらに、第15軍本部の真上にも落下傘部隊の一部が降りてきて、ドイツ軍将兵の眼前で捕まりました。第15軍司令官フォン・ザルムート将軍は戸惑うばかりでした。


6)第82空挺師団

午前2時03分、サント=メール=エグリーズは交通の要衝で米第82空挺師団の目的地でした。計画では市内ではなく市外に落下傘降下するはずでしたが、一部の将兵は飛行機が目測を誤ったことで、市街の中心地に降下してしまいます。

たまたま町の教会が火事で、住民や消火隊、ドイツ兵が集まっていたところに落下傘兵が降下してきます。ある者は着地した途端にドイツ兵に射殺され、また他の者は教会が燃える炎の中に落ちてしまうなど、教会の前は修羅場と化し多くの落下傘兵が死にました。バンダーボルト中佐が恐れていた事態でした。

第82空挺師団スチール一等兵(レッド・バトンズ)は教会の鐘楼に引っかかったままになってしまい、死人を装うことで九死に一生を得ました。

アメリカ空挺師団の落下傘兵の一部はバラバラになり、戦地の真ん中で彷徨うこととなり、その中には第82空挺師団シュルツ一等兵もいました。

また米第82空挺師団バンダーボルト中佐は脚を骨折していました。

 

f:id:mattyanp2016:20210604103303j:plain



7)ドイツ陸軍西部軍

独第7軍参謀総長ペムゼル少将(ヴォルフガング・プライス)はこの時点で連合軍の上陸はノルマンディーだと結論しましたが、西部軍参謀総長ブルーメントリット大将から伝えられたルントシュテット元帥(パウル・ハルトマン)は陽動作戦と見てカレーが上陸の目的地と見ていました。

しかし念のためベルリンのヨードル上級大将に戦車部隊を動かすため機甲師団の派遣をブルーメントリットから連絡させましたが、ヨードルは就寝中のヒトラー総統を起こせず断られました。ブルーメントリットは総統が寝ているために戦車を動かせないという事態に、信じられない思いと同時に戦争の敗北を予感するのでした。

 

f:id:mattyanp2016:20210604105248p:plain



8)独軍第352師団沿岸砲兵隊

ノルマンディーの沿岸砲台で警戒に当たっていた独軍第352師団沿岸砲兵隊指揮官プルスカット少佐(ハンス・クリスチャン・ブレヒ)は、夜が明けて海の向こうに信じられないほどの数の艦船が迫っていることを発見しました。

 

f:id:mattyanp2016:20210604132531j:plain

 

彼は、本部のオッカー中佐(ペーター・ファン・アイク)に電話で伝えましたが、間もなく猛烈な艦砲射撃が始まります。そしていよいよ本隊の上陸が始まりました。

レジスタンスの破壊工作で電話が通じず、やむなくオッカー中佐は伝令を走らせますが、連合軍の空襲を受けるために街道の移動もままならなくなりました。


9)ノルマンディー海岸上陸開始

f:id:mattyanp2016:20210604132843j:plain

午前6時32分、オマハ・ビーチ(ノルマンディーの海岸に連合軍が付けたコードネーム。以下、英語名で呼ばれるものは全て同じ)にコータ准将以下の米軍第29師団が上陸開始します。やがて激しい独軍の銃砲撃に海岸から一歩も踏み出せませんでした。

午前6:44、ユタ・ビーチに副師団長セオドア・ルーズベルト・ジュニア(ヘンリー・フォンダ)准将以下の米軍第4歩兵師団が上陸します。しかしまもなく上陸予定地から2キロ南であったことが分かりましたがそのまま侵攻することにしました。

午前6時49分、ゴールド・ビーチとジュノー・ビーチに上陸した部隊は独空軍2機から空襲を受けました。この時、制空権を失っていた独空軍はヨーゼフ・プリラー大佐指揮する2機しか出撃できませんでした。

午前6時53分、ソード・ビーチにロバット卿(ピーター・ローフォード)以下の英軍コマンド部隊が上陸します。反撃も無く上陸して、一路オルヌ川で死守する部隊との合流を目指しました。英海軍上陸主任モード少佐(ケネス・モア)が物資の搬送などを指揮し、その横をフラナガン一等兵ショーン・コネリー)が通りました。

さらに、英軍コマンド部隊は、バグパイプの音色を響かせながらオルヌ川の橋に達して、英軍第6空挺師団ハワード少佐は任務が達成したことでホッと一息つきました。

 

f:id:mattyanp2016:20210604103811p:plain


同じソード・ビーチに上陸したフィリップ・キーファ中佐(クリスチャン・マルカン)率いる自由フランス軍海兵隊ウイストレアム市街に突入して、カジノに閉じこもる独軍と激戦の上に戦車まで投入して攻略しました。

午前7時11分、オック岬に米軍レインジャー部隊が上陸。急な岬の崖をよじ登り、砲台に達しましたが、中に入ってみると砲座がなくもぬけの殻でした。敵味方双方の多大な損失にレンジャー隊員は憮然とするのでした。


10)ドイツ軍の対応

ベルリンの自宅に戻っていたロンメルは至急の電話でノルマンディー上陸を知って「私が油断した」と呟きました。

最高司令部ではヒトラー総統が起きて事態を知って激怒し、ルントシュテットが望む機甲師団の派遣の話が出来ないとの連絡を受けました。

ブルーメントリットは元帥から総統へ直接要請するように進言しましたが、元帥は「ボヘミアの伍長に電話など出来ん」と却下するのでした。

独第7軍参謀総長ペムゼル少将は「空軍はどこにいるんだ」と嘆きますが、しかし彼はオマハ・ビーチで一歩も進めぬ連合軍の動きを見て、中央部では依然独軍が支配しており、上陸地点で上陸部隊が釘づけの状態であり、ロンメルが言った通り、海岸線に上陸部隊を食い止め続ければ上陸作戦を失敗させられることを感じていました。


11)苦戦の連合軍

そのオマハ・ビーチでは、死屍累々の様相を呈して、撤退を考える将校もいましたがコータ准将は頑として受け付けず、唯一の突破口での爆破を目指していました。

連合軍司令部のロバート・ヘインズ少将(メル・ファーラー)とエドウィン・P・パーカー准将(レオ・ゲン)は独軍機甲師団の動きがないことを訝り、オマハ・ビーチでの膠着を心配していました。

 

f:id:mattyanp2016:20210604152808j:plain

 

オマハ・ビーチ上陸が失敗すると上陸部隊が分断されてしまうからでした。

米軍第82空挺師団バンダーボルト中佐は折れた脚のジャンプブーツの紐をきつく締めさせて、弾薬運搬用の手押し車に乗ってサント=メール=エグリーズの道を探しながら進み、やっと街に入って行きました。

そこで町の真上に降下してしまい、落下傘の吊索にぶら下がったまま死んだ空挺兵たちを見て愕然となり、「降ろせ」と命令するのでした。

そして、上陸部隊が来るまで街を死守して、犠牲者を乗り越えて進まねばならぬことを訴えました。教会塔から救助されたスチール一等兵は「戦場で見る隊長は別人のようだ」と呟きます。


12)戦果と犠牲

オマハ・ビーチでは工兵のフラー軍曹(ジェフリー・ハンター)を中心に、突破口となるドイツ陣地の爆破作業を行います。フラー軍曹は鉄条網の爆破には成功しますが、コンクリート壁爆破前に戦死してしまいます。しかし別の工兵が作業を引き継ぎ、コンクリート壁の爆破に成功しました。

やっと進撃路が確保され、上陸部隊は雪崩のように突撃していきます。この最後の突破の時にコータ准将の副官ニュートン大佐(エディ・アルバート)が戦死しました。


13)エピローグ

独軍の第84軍団本部では退却のため書類などが焼かれていました。マルクス大将は地図のノルマンディーの文字を眺めながら上陸を食い止められなかったことを悔やみました。

降下してから迷子のように戦場を彷徨った第82空挺師団シュルツ一等兵は、ある農家で墜落負傷した英軍パイロットのデヴィッド・キャンベル(リチャード・バートン)と出会い、お互いに戦争の虚しさを感じながら日が暮れていくのを見るのでした。

6月6日が終わろうとして、連合軍はノルマンディーに海岸堡を確保する事に成功したのでした。

激戦で多数の犠牲者を出したオマハ・ビーチでは、コータ准将が緊張からやっと解放されて新しい葉巻きに火を付けて、ジープで海岸から丘へ登って行きました。

 

f:id:mattyanp2016:20210604130902p:plain


 

 

 

 



3.四方山話

1)制作費

この時期の超大作映画としては『ベン・ハー』の1,500万ドル、『戦艦バウンティ』の2,750万ドル、『クレオパトラ』の4,000万ドルなどがあります。

これらに比べると本作の制作費1,200万ドルが少ないのは、米軍をはじめNATO軍の全面的協力を得たことと、制作のダリル・F・ザナックの存在が大きく、スターのギャラを抑えられたことによりました。


2)吹替え

日本で上映された国際版では登場人物がそれぞれの母国語で台詞を喋り臨場感を高めていますが、他の国では自国語版で上映されており、同じシーンを使用言語を変えて何度か撮影しています。

DVD特別版に収録された予告編にはドイツ軍人が英語で喋るシーンが含まれていたり、ドイツ軍のマルクス大将が誕生日のケーキを切るシーンで、日本語版ではケーキに「Happy birthday」と印しています。これは英語版のフィルムを日本語に直しているためで、国際版のフィルムでは「Zum Geburtstag」と印しています。

吹替えの不自然さに拘るスタッフが、ケーキの文字まで拘ったのには感服します。


3)ジョン・ウェイン

f:id:mattyanp2016:20210604125308p:plain

エンドロールのクレジットで、アルファベット順に俳優名が登場するのですが、彼だけが順番を無視して、”AND JOHN WAYNE”と最後に表示されています。

これだけ多くの俳優の出演の中で、やはりジョン・ウェインは別格という扱いを受けているわけです。

ちなみに、バンダーボルト中佐を演じたジョン・ウェインは撮影時既に50歳を過ぎていましたが、作戦当時のバンダーボルト中佐は27歳でした。


4)ショーン・コネリー

f:id:mattyanp2016:20210604124501p:plain

当時まだ無名のショーン・コネリーは、この翌年に「007シリーズ」第1作の『ドクター・ノオ』(1962年)がイギリスで公開され、ジェームズ・ボンド役を得て一気に世界的スターになりました。

ここでは、一兵卒としてコミカルな演技を見せて、この大作の中でも存在感がありました。


5)クルト・ユルゲンス

f:id:mattyanp2016:20210604124940p:plain

そのクルト・ユルゲンスは戦争中はナチスに反対して収容所に入れられた経験がありますが、戦後映画界でドイツ軍将校の役を演じると右に出るものがないと言われるほど軍服姿が似合う俳優でした。

本作で彼が演じた、ドイツ西部軍参謀総長ブルーメントリット大将は、1962年撮影当時はまだ存命で彼に助言を与えたり、また映画撮影で協力を惜しみませんでした。


6)ヘンリー・グレイス

f:id:mattyanp2016:20210604125638j:plain

映画製作に入った時、プロデューサーのザナックが頭を悩ませたのが、連合国軍最高司令官アイゼンハワー大将を誰に演じさせるかでした。

容姿が似ていて、かつ年齢も近い俳優がなかなか見つからず、一時は大統領職をケネディにバトンタッチして引退生活を送っていた本人の出演も検討しましたが、健康面の不安もあって断念します。

そこで容姿が非常によく似ていた、セット装飾アーティストのヘンリー・グレイスを抜擢しました。彼があまりにもアイゼンハワーに似ていた為、撮影所に現れた際、技術指導で来ていた米陸軍軍人が思わず直立不動で敬礼したといいます。
ちなみにグレイスは、1958年に『恋の手ほどき』でアカデミー美術賞を受賞、同賞に計12回ノミネートされています。


7)ドイツ空軍機

ドイツ空軍が、ヨーゼフ・プリラー大佐と僚機の2機しか迎え撃てなかったというのはこの映画の演出であり、実際にはドイツ空軍の爆撃隊が英軍上陸地点に対する反撃を行なっていました。

ちなみにこの映画のドイツ空軍機はメッサーシュミット Bf109の様に塗装された練習機のBf108であり、また101機撃墜のエース・パイロットであった、プリラー大佐の乗機は実際にはフォッケウルフ Fw190でした。


8)装備品の真実

敵味方識別用のクリケットを第82空挺師団のバンダーボルト中佐(ジョン・ウエイン)が部下に説明する場面がよく知られていますが、実際には敵味方識別用のクリケットを使ったのは第101空挺師団でした。

f:id:mattyanp2016:20210604160044j:plain

アメリカ陸軍の空挺部隊が使用する背嚢は、本来はM1936ミュゼットバックでしたが、この映画ではM1928ハバーザックを使用しています。実際にはハバーザックだと落下傘と干渉するので空挺部隊では使用出来ません。

 

4.まとめ

めくるめくような大勢の大スターが登場する本作ですが、誰が主役というのでもなく、単なるアクション・スペクタクルに終わらせていません。

この作戦及び戦争を、歴史の事実として捉え、その意気込みやスケール感は賞賛に値し、また、アクションやドラマ性に加えた、侵攻開始までの緊張感や、随所で挿入されるユーモアのセンスにも感心させられます。