石井竜也!この天才歌手のカバー曲を集めました!!

 

 

石井竜也カールスモーキー石井は多才なアーティストでありますが、言動が軽薄なため多くの評価を損なっているように感じます。まさに天才、何を唄っても素晴らしく、へたをすると本家喰いをしてしまっています。

List

 

f:id:mattyanp2016:20180920214614j:plain
f:id:mattyanp2016:20180920214636j:plain
f:id:mattyanp2016:20180920214555j:plain



1.グッド・バイ・マイ・ラブ

1974年 歌:アン・ルイス 作詞:なかにし礼 作曲:平尾昌晃


当初はグラビアアイドルやアイドル歌謡を中心に活動していたアン・ルイスですが、1974年にこの曲がヒットしました。後日幾多の歌手がカバーしましたが、オリジナルには間奏部分に英語のセリフがありました。

 

www.youtube.com

 

2.知りたくないの

1965年 歌:菅原洋一 作曲:ドン・ロバートソン 作詞:なかにし礼


なかにし礼にとっては、作詞家としての最初の成功作となりましたが、ヒット曲となったのは1967年になってからでした。

 

www.youtube.com

 

3.シルエット・ロマンス

1981年 歌:大橋純子  作詞:来生えつこ 作曲:来生たかお


サンリオのイメージソングとしてスタートしたものの発売当初の売れ行きは低調でしたが、翌1982年に入ってじわじわと売れ始め、5月24日付のオリコンで最高位の7位を記録し、その後もロングヒットを続けました。

 

www.youtube.com

 

4.たそがれマイ・ラブ

1978年 歌:大橋純子 作詞:阿久悠 作曲:筒美京平


1978年1月19日放映開始の「ザ・ベストテン」に、この曲の10位内のランクインで大橋自身初出演を果たしました。また、TBSテレビで1978年8月21日放映の3時間ドラマ「獅子のごとく」の主題歌に採用されています。

 

www.youtube.com

 

5.異邦人

1979年 歌・作詞・作曲:久保田早紀


今はなき、三洋電機のカラーテレビ「くっきりタテ7」のイメージソングとして起用された。後に同社の太陽光発電システムのCMにも再使用されています。

 

www.youtube.com

 

6.愛のメモリー

1977年 歌:松崎しげる 作詞:たかたかし 作曲:馬飼野康二


1976年、ビクターレコードのディレクターがスペインのマジョルカで開催される「マジョルカ音楽祭」参加のための楽曲として制作されました。当初は苦戦しましたが江崎グリコのアーモンド・チョコレートのコマーシャルソングとして採用されると瞬く間にヒット曲こなりました。

www.youtube.com

 

7.みずいろの雨

1978年 歌:八神純子 作詞:三浦徳子 作曲:八神純子


この曲は、八神が東京・原宿の歩道橋で不意に曲想を得て作曲することになりましたが、同年に3枚目のシングルとしてリリースしたところ、有線放送やラジオ番組を中心に八神のリクエスト回数が増え始め、オリコンチャートの順位も上がっていきました。

 

www.youtube.com

 

8.恋のフーガ

1967年 歌:ザ・ピーナッツ 作詞:なかにし礼 作曲:すぎやまこういち


この曲はタイトルに「フーガ」とありますが、音楽学上の定義ではフーガの形式をとっていません。また、オリジナルはイントロにティンパニが用いられピーナッツの伸びのあるダイナミックな歌唱と相まって恋に破れた悲しい情景の歌としては異例の歯切れよさがありました。

 

www.youtube.com

 

9.人形の家

1969年 歌:弘田三枝子 作詞:なかにし礼、作曲:川口真


この曲のヒットで、弘田三枝子は2年ぶりに「第20回NHK紅白歌合戦」への出場を果たしました。

 

www.youtube.com

 

10.涙そうそう

1998年 歌:森山良子 作詞:森山良子 作曲:BEGIN


涙そうそう」は沖縄の言葉で「涙がぽろぽろこぼれ落ちる」という意味で、森山が若くしてこの世を去った兄を想う歌詞をつけました。

 

www.youtube.com

 

11.京都幕情

1970年 歌:渚ゆう子 作詞:林春生 作曲:ザ・ベンチャーズ


外国人による作曲ではありますが、和情緒溢れる雰囲気で大ヒットとなり、渚ゆう子は、この曲で第22回NHK紅白歌合戦に初出場しました。

 

www.youtube.com

 

12.悲しい色やね

1982年 歌:上田正樹 作詞:康珍化 作曲:林哲司


上田正樹の楽曲のディレクターを務めていた関屋薫は、洒落たメロディと関西弁の歌詞、そして上田のハスキーな歌声が合うと感じそうです。

 

www.youtube.com

 

13.さらば恋人 with 堺正章

1971年 歌:堺正章 作詞:北山修 作曲:筒美京平


堺正章のソロデビューシングル。1971年のオリコン年間チャートでは10位にランクインし、同年暮れの第22回NHK紅白歌合戦に初出場しました。

 

www.youtube.com

 

14.いとしのエリー

1979年 歌:サザンオールスターズ 作詞・作曲:桑田佳祐


この曲のタイトルの由来について、桑田本人がラジオ番組でこの件に触れ、諸説あるものの当時のインタビュー等で適当に語ったものだと話し、真相は「エリー」という言葉の響きの良さから決めたものだと明かしています。

 

www.youtube.com

 

15.バスストップ

1972年 歌:平浩二 作詞:千家和也 作曲:葵まさひこ


平浩二のデビュー3年目にして初の大ヒットとなり代表曲となりました。オリコンヒットチャート最高順位第11位、オリコンセールスは22.4万枚、累計売り上げ枚数80万枚を超えています。

 

www.youtube.com

 

16.川の流れのように

1989年 歌:美空ひばり 作詞:秋元康 作曲:見岳章


1989年1月11日に日本コロムビアより発売されましたが、同年6月24日、美空ひばりは52歳で死去し、結果的にこの曲は遺作となりました。没後にシングル盤は売上を伸ばし、150万枚を売り上げるミリオンセラーとなり、1964年の「柔」に次ぐヒット曲となりました。

 

www.youtube.com