パラコード!さあ始めよう!あなたは何派?その使い方、編み方、結び方は?

パラコードとは本来パラシュートに使用されているナイロン製のコード(紐)のことですが強く軽いので汎用性が高いことからアウトドアで重宝します。

f:id:mattyanp2016:20180303231057j:plain
f:id:mattyanp2016:20180303231551j:plain

 

また、パラコードの豊富なカラーを活かして、ストラップやアクセサリーなどのファッションアイテムとしても注目を集めています。

 

目次 

 

1.パラコードとは

 パラシュートコードとは、その名の通りパラシュートに使用されているナイロン製のコード(紐)のことです。パラコードと呼ばれることもあります。兵士の体重と重い装備を支えられるよう、3.5mm径のコードでありながらも耐荷重250kgと非常に高い強度を持っています。

 

f:id:mattyanp2016:20180304125641j:plain
f:id:mattyanp2016:20180304125704j:plain
f:id:mattyanp2016:20180304125723j:plain

パラコードは、元々パラシュートのコードとして使用されているために、とても丈夫に出来ています。それでいて軽く持ち運び易いのが特徴で、色もカラフルで身につけていて楽しいアイテムです。


ある軍人の奥さんが「お守り」としてパラコードを編み、ミサンガとしてご主人に持たせてあげた事が始まりだと言われています。

 

何が起きるかわからないアウトドアシーンだからこそ、軽くて汎用性の高いパラシュートコードはぜひ持っておきたいアイテムと言えるでしょう。ただし、登山時に体を支えるザイルのような使い方は出来ません。

 

尚、商品説明で耐荷重250kgという表記がよくありますが、この荷重は静荷重(静かにゆっくり力を掛けて切れるまでの重さ)です。加速度がかかると少しの高さでも瞬間加重は体重の何倍になりますのでご注意ください。

 

f:id:mattyanp2016:20180303230843j:plain

 

最近、知名度が増してきたパラコードですが、中国製のポリエステル製が大量に出回っています。アメリカ製のMil-spec準拠のパラコードにポリエステル製は有りません。本来の意味のパラシュートコードにこだわりたい人は注意してください。ただ、趣味性の強いファッションアイテムを作るためのものであれば、2mm径であれポリエステル製であれ気にすることは無いのは言うまでもありません。

 

モノトーンや迷彩色、原色や蛍光色まで、色展開が豊富なパラコード。そのカラーバラエティーを活かして、ファッションアイテムとしても注目を集めています。

 

f:id:mattyanp2016:20180303230912j:plain

パラコードを編み込んで作ったミサンガやブレスレット、カメラ、携帯のストラップ、キーホルダーなどのアクセサリーは特に人気があり、自作にも向いています。

 

f:id:mattyanp2016:20180304130056j:plain
f:id:mattyanp2016:20180304130119j:plain
f:id:mattyanp2016:20180304130144j:plain

 

2.パラコードの使い方基礎編

 パラコードの使い方としては、軽くて強いことから、アウトドアシーンやツーリングでは、テントを張る際のテントロープとして使うことだけでなくアイデアと工夫で様々に使うことができます。

 

テントのそばにパラコードを張って、そこに薄い生地などをかければ、即席のパーテーションにも。もちろん洗濯物干し用のロープとしても使うことができます。

 

www.youtube.co

他にもシューズの底がはがれてしまった、靴ひもやベルトが切れてしまった、というときの緊急補修のツールとしても最適です。

 

パラコードは二重構造のロープなので、適当にぐるぐる巻きにすると途中にコブができてしまいます。購入時のように丁寧にまとめておくことをおすすめします。

 

パラコードの内部は、細い糸が7本程入っています。これはナイロン糸をより合わせた糸で、適当な長さに切って、中の細い糸を取り出せば釣り糸にもなり、テントやバックパックなどの応急処置にも使えます。

 

 また、デンタルフロスとして利用したり、裁縫用の糸として利用することができます。
さらに、短く切ってほぐせば火種になります。

 

パラコードはナイロン製なので、切った後に先端をライターで軽く炙れば、簡単にほつれ止めを施すことができます。この点もアウトドアシーンで重宝されている理由の1つと言えるでしょう。

 

この様に、アウトドア用品のみならず、防災グッズの一環としても、パラコードは、様々な使い方に応用できます。

  

3.パラコードの編み方 準備編

 パラコードを編む時に便利なツールもありますが、なにはともあれ、末端の処理をしなければなりません。ナイロン製なので100円ライターがあれば、簡単に確実にコードの端を処理することができます。

 

www.youtube.com

                            これがあれば、作業は格段に

                       楽になり効率よくなります。

f:id:mattyanp2016:20180303230744j:plain
f:id:mattyanp2016:20180304222750j:plain

 1.コードを切断 
   2.芯線露出
     3.4.芯線端末処理

       5.6.ガイドニードルに挿入

           7.編み方準備完了

f:id:mattyanp2016:20180303230629j:plain


 

4.パラコードの結び方・編み方


①ダイヤモンドノット

www.youtube.com


②サルのこぶし

www.youtube.com

 

 

コブラステッチ

www.youtube.com


④四つ編み ステッチ&スパイラ

www.youtube.com


⑤ジッパー編み

www.youtube.com


⑥ソロモン・スネーク・クラウンノットの応用

www.youtube.com

 

5.パラコードの使い方 応用

 ①パラコードでジッパータグの編み方

www.youtube.com

 

②パラコードでストラップの編み方

 www.youtube.com

 

③パラコードでキーホルダーの編み方

www.youtube.com

www.youtube.com

 

④パラコードでブレスレッドの編み方

 www.youtube.com

 www.youtube.com

 

⑤パラコードで時計ベルトの編み方

 www.youtube.com

 

 

⑥パラコードでクイックリリースの編み方

 www.youtube.com

 

6.パラコード編みの道具やパーツ、アクセサリーの紹介

 ①パラコードブレスレット関連小物

  

f:id:mattyanp2016:20180304135716j:plain

②パラコードクラフト 教本

 

1)パラコードクラフト パーフェクトブック
日本初のパラコードハウトゥー本です。おしゃれなだけではなく、いざというときにはほどけば丈夫なロープになるという特性で日本でも注目されつつあるパラコードを主役にすえています。

     楽天市場リンク☟

 

 

2)パラコードクラフト ミラクルブック
日本では数少ないパラコードクラフトのハウトゥー本、ーフェクトブックの続編です。ストラップやポーチに加え、サンダル、雪メガネなど、「コードでこんなものまで!?」というアイテムも加わり、前作以上に充実したラインナップになっています。

     楽天市場リンク☟

 

 

 3)パラコードのアクセサリー (レディブティックシリーズ) 

初心者でも作れる作品ばかりで、短時間でサクサク作れます。
編み方がわかりやすく載っていて楽しく作る事ができそうです。

      楽天市場リンク☟

 

 

③パラコードブレスレット 手作りキット

    楽天市場リンク☟

 

 

 


7.まとめ

世界中、日本中のあちこちの地方に昔から、組み紐の伝統があります。パラコードを編むことにもそれにつながる嗜好や作り手の楽しみがあるのかも知れません。パラシュートに始まりアウトドア、インドア、アクセサリーとパラコードは数奇な運命をたどっています。